BAKUTEN工房 では『家電のケンちゃん』『BEEP ゲームグッズ通販』で 委託販売 を行っています

TENGEN#64 フラッシュカートリッジ基板 を再びつくってみた

kazzo/unagi
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前に頒布していたTENGEN#64 フラッシュカートリッジ基板。

TENGEN#64 フラッシュカートリッジ基板 作成
2013年に紹介されていたNES未発売の「ハード・ドライビン」 開発者がNESイメージを公開していて、実機でも動作可能と言うことで以前カートリッジを作成しました。 以前の記事はこちら → NES未発売「ハード・ドライビン」    ...

 

ガーバーデータ公開なども行っていましたが…

今回は家電のケンちゃんで頒布するために基板をすべて作り直しました。

頒布品は画像のようにTENGENチップ(RAMBO-1)以外は実装された状態になります。

 

スイッチは2in1切替スイッチで1本のフラッシュカートリッジに2本のゲームが書き込めます。

MAP#64は PRG , CHR とも最大 2Mbit+2Mbit 対応ですが、TENGEN#64基板は4MbitのFlashRomを使用していますのでスイッチで切り替えて2つのROMイメージが書き込めるようになっています。

 

TENGEN#64基板はNES未発売の「ハード・ドライビン」を遊ぶための目的が強いかもですね…

NES未発売「ハード・ドライビン」
オロチさんのサイトで アタリの名作カーレース・ゲーム 「ハード・ドライビン」 未発売に終わったNESの移植版が発掘 他 でちょっと前に紹介されていたNES未発売の「ハード・ドライビン」 開発者がNESイメージを公開していて、実機でも動作可...

 

TENGEN#64 フラッシュカートリッジ基板 は 家電のケンちゃん で 委託販売を行う予定です。

現在準備中ですのでもうしばらくお待ちください…

同人ハード(キット),BAKUTEN工房 | 家電のケンちゃん(@kadenken)
「家電のケンちゃん(@kadenken)」の「同人ハード(キット),BAKUTEN工房」カテゴリーの商品一覧

 

頒布品は基板に部品実装済みですが TENGENチップ(以下RAMBO-1) は各自用意&実装していただくという形になります。再利用しますので足を折らないようにRAMBO-1を取り外してください。

 

取り外したRAMBO-1をTENGEN#64基板に向きを間違えないようにハンダ付けします。

74LS32は今回使用しませんので未実装で大丈夫です。

 

 

MAP#64のゲームカセット(以下記載)であれば RAMBO-1 が実装されていますので入手してください。

Klax , Road Runner , Rolling Thunder , Shinobi , Skull & Crossbones

※現在NesCartDBのサイトにつながらないのでリンクはINTERNET ARCHIVEになっています。

NesCartDB - Search Results

 

頒布基板はRAMBO-1の治具を作成しkazzoで読み書きすべてチェックしています。

 

 

kazzoのTENGEN#64用書き込みスクリプトやその他の情報はこちらから

kazzo用スクリプト【現在入手可能なフラッシュカートリッジ】
家電のケンちゃんで現在入手可能なフラッシュカートリッジのkazzo最新スクリプトをまとめてみました。 不具合とかが修正されていてどれが使えるのかわからなくなってしまったので… 公開するスクリプト(2020.09.12 更新しまし...

 

ケースは純正カセットケースとaliexpressで入手できるケースに対応しています。

US .32 19% OFF|10 個ゲームカートリッジシェル n 予定|ケース| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

 

こちらのケースは中央の突起などを加工すれば利用可能です(純正よりちょっと大きい)

US .42 9% OFF|交換カートリッジfc用 8 ビットゲームカードシェルmmcのバージョンのゲーム|ケース| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

 

 

 

 

基板が完成したらKazzoとTENGEN#64用のスクリプトを使用してROMイメージを書き込みます。

MX29F040CTI をkazzoで設定していない場合は下記の内容を flashdevice.nut に追加してください。

↑の記事では主要なデバイスを登録した flashdevice.nut ファイルも公開しています。

※MX29F040CTI_2 は 2つ目のROMイメージを書き込む場合に使用します。

flashdevice.nut

—ここから

 [“MX29F040CTI”] = {

capacity = 4 * mega, pagesize = 1,

erase_wait = 8000, erase_require = true,

retry = false,

id_manufacurer = 0xc2, id_device = 0xa4,

command_mask = MASK_A10

},

[“MX29F040CTI_2”] = {

capacity = 4 * mega, pagesize = 1,

erase_wait = 8000, erase_require = false,

retry = false,

id_manufacurer = 0xc2, id_device = 0xa4,

command_mask = MASK_A10

},
—ここまで
 
準備が出来たらkazzoを使ってROMイメージを書き込みます。
まずはTENGEN#64基板の2in1スイッチをどちらでもいいので切り替えます。
スクリプトは tengen#64.af を選択してください。
kazzoで1つ目のROMイメージを MX29F040CTI を使ってPRG , CHR とも書き込みます。
FlashRomのイレース処理が行われ1つ目のROMイメージが書き込まれます。
kazzoの電源を切って2in1スイッチを切り替えます。
PRG , CHR とも MX29F040CTI_2 に変更します(変更しないと2つ目は書き込みできません
変更したあと2つ目のROMイメージを書き込みます。
イレース処理をせず2つ目のROMイメージが書き込まれます。
エラーも出ず書き込みを完了できれば完成です。
もしエラーが出た場合は1つ目のROMイメージ書き込みからやり直してください。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました