BAKUTEN工房 では『家電のケンちゃん』で 委託販売 を行っています

赤白ファミコン用 NESRGB取付基板

ファミコン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

3年前にNESRGBが販売され、その後は各機種に取り付けるためのアダプタも販売されました。

販売当初はかなり強引に赤白ファミコンへ取り付ける方法も公開されていましたので、それを元に赤白ファミコンへ取り付けました。

NESRGBを赤白ファミコンに取り付けてみた
NESRGBをイジェクトレバーも動作するように赤白ファミコンに取り付けてみました。

 

nesrgb-012.jpg

公式サイトで赤白ファミコン用のアダプタも販売されましたが、これを使用するとイジェクトが使えなくなるという残念な感じに…他に取り付ける方法はないかと考えていたところ、2年ほど前に某氏が変換基板を作成していると聞き私も作ってみようという事に…

フレキケーブルや色々な方法を考えてみましたが、ハンダ付けの順番や取付位置などを考えると2枚基板が一番良さそう…ということでいくつか試作を重ねて、なんとか赤白ファミコン用のNESRGB取付基板を完成することができました。

nesrgb-fc29.jpg

こちらの基板は 家電のケンちゃん で委託販売を行っています
同人ハード(キット),BAKUTEN工房 | 家電のケンちゃん(@kadenken)
「家電のケンちゃん(@kadenken)」の「同人ハード(キット),BAKUTEN工房」カテゴリーの商品一覧

 

ここでは【人柱版】での取付説明になります。取付方法は頒布版も同じとなります。

まずは取り付ける前に分解後ファミコンのメンテナンスを行います。

基板上のセラミックコンデンサと電解コンデンサを交換します。

C11,C12,C13,C14,C15,C16 → 1.5uFの積層セラミックコンデンサ

C7,C8 → 0.1uFの積層セラミックコンデンサ

C2 → 1uF 50Vの電解コンデンサ

※74LS373 を 74HC373 へ交換する場合はこの時点で交換しておくこと。

NESRGBを取り付けた後からだと交換ができなくなっちゃいます。

nesrgb-fc12.jpg

メンテナンスが終われば、今度はハンダ面の変換基板が設置される部分の出っ張ったピンをすべてカットします。

nesrgb-fc14.jpg 実際に変換基板を当ててみてPPUのピン以外はカットしてください。

変換基板1/2をPPUのピンに合わせて基板の穴にピンが入るように調整します。

ファミコンの製造時期によってはPPUのピンが寝ている(折れている)場合もあるので、その場合はハンダこてをあてピンを立たせてください。(端の4ピンが寝てる場合が多い)

PPUのピンがすべて穴に入っているのが確認できたら、穴は大きめにあけているのでハンダを多めに流し込みます。

PPUの23~39ピンは変換基板とはつながっていないので普通にハンダ付けで大丈夫です。

重要:ハンダ付け後は、必ずテスターでPPUと基板が導通しているか確認してください。

nesrgb-fc06.jpg   nesrgb-fc11.jpg

※頒布版の基板 2/2側は両面配線となっていますので、1/2基板と接触する部分(特にはんだ面)がショートしないように心配な部分は絶縁処理をしっかりとお願いします。

※PPUのピンやハンダが尖っていて、2/2基板を傷つける可能性があります。

nesrgb-fc26.jpg   nesrgb-fc25-.jpg

次はNESRGBと変換基板2/2をハンダ付けします。

NESRGBと変換基板2/2を重ねて細ピンヘッダ(40ピン)適当にカットし固定、NESRGB側からハンダ付けします。後で黒いプラスチックを取り除きますので、とりやすいようにピンヘッダを取り付けるといいです。

nesrgb-fc05.jpg   nesrgb-fc10.jpg   nesrgb-fc08.jpg   nesrgb-fc07.jpg   nesrgb-fc09.jpg

NESRGB側のハンダ付けが終わったら、ピンヘッダの黒いプラスチックをすべて取り除きます。

その後は変換基板側からハンダ付けしますが、あまり熱すると外れることもあるので素早くやりましょう。

余ったピンは邪魔なのでカットしておきましょう。

重要:ハンダ付け後は、必ずテスターでNESRGBと基板が導通しているか確認してください。

次はPPUからNESRGBへの配線処理を行います。

PPUの2ピン~9ピン(DP0~DP7)と14ピン~17ピン(EXT0~EXT3)のピンを基板からカットします。

カット後はPPUのピンを横に上げてNESRGBまでの配線準備をしておきます。

nesrgb-fc04.jpg   nesrgb-fc13.jpg 

nesrgb-fc02.jpg

次は変換基板1/2と変換基板2/2をハンダ付けします。

ハンダ付けする前に心配な部分は基板の絶縁等を各自行ってください。

2枚の基板を左側に合わせ、スルーホールにハンダを流し込み取り付けます。

重要:ハンダ付け後は、必ずテスターでNESRGBと基板が導通しているか確認してください。

確認後、PPUからの配線を変換基板へハンダ付け。

nesrgb-fc21.jpg   nesrgb-fc15.jpg   nesrgb-fc19.jpg

※穴にハンダを流し込んでもうまくつながらない場合は、部品などのリード線をさし込んで利用すると良いです。

nesrgb-fc27.jpg   nesrgb-fc28.jpg

これでNESRGBの取付は完了。NESRGB上のJ3J5はハンダを盛ってショートさせておきます。

NESRGBの出力側の +5V には電源ユニットから VCC 配線。

nesrgb-fc20.jpg   nesrgb-fc18.jpg

 

こちらの基板もあわせて利用するといいですよ
赤白ファミコン用 NESRGB AVマルチ基板 Rev.0.5
旧作の疑似ステレオ回路を一新して、新たに作り直しました。 組立や本体加工などは前回記事も参考にしてください。 旧作との変更点は… 1:疑似ステレオ回路の変更 2:ACアダプタ(センタープラス・センターマイナス)両対応 ...

 

後は各自の環境でNESRGBから配線を行えば完成です!!

nesrgb-fc03.jpg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました