BAKUTEN工房 では『家電のケンちゃん』『BEEP ゲームグッズ通販』で 委託販売 を行っています

FC DOOM ヌルヌル基板【再頒布版】

ファミコン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FC DOOM基板は2020年12月に頒布を開始していたのですが…

コロナなどで半導体不足などが続き、部品確保も出来ず再頒布できない状況となっていましたが、主基板であるラズパイが購入出来るようになってきましたので頒布を再開することとなりました。

 

2019年にリリースされたNES DOOMはAndrew Tait氏が考案され、ラズパイを利用したPiPUというカートリッジを利用してDOOMを動作させています。

FC DOOM基板はAndrew Tait氏に許可をいただきファミコン実機で動作するようにした改良したカートリッジ基板です。

GitHub - rasteri/PiPU: Project to use a Raspberry Pi as a NES graphics accelerator
Project to use a Raspberry Pi as a NES graphics accelerator - GitHub - rasteri/PiPU: Project to use a Raspberry Pi as a NES graphics accelerator

 

今回の再頒布版ではケース加工がなるべく少なくなるようにFC DOOM基板を作り直しました。

 

 

FCカセットにラズパイ載せてDOOMがヌルヌル動いちゃう基板(以下 FC DOOM基板)は組み立てキットとして家電のケンちゃんで再頒布予定です。

※ファミコン実機で動作しますがFC互換機ではほぼ動作しませんのでご注意ください。

※ファミコン実機でも一部の赤白ファミコンで画面がちらつく場合があります。

「FCカセットにラズパイ載せてDOOMがヌルヌル動いちゃう基板 【キット】」

FCカセットにラズパイ載せてDOOMがヌルヌル動いちゃう基板【ケースなし】(キット) | 同人ハード(キット),BAKUTEN工房 | | 家電のケンちゃん(@kadenken)
「家電のケンちゃん(@kadenken)」で取り扱う商品「FCカセットにラズパイ載せてDOOMがヌルヌル動いちゃう基板【ケースなし】(キット)」の紹介・購入ページ

 

 

ここでは変更のあった部分の作成方法を紹介します。基本的な作成方法は前記事を参考にしてください。
FCカセットにラズパイ載せてDOOMがヌルヌル動いちゃう基板
今回のキット「FC DOOM基板」はお好みに応じて「基板全部むき出し」「ラズパイだけむき出し」「基板全部ケース内蔵」の3パターン作成できるようになっています。

 

今回のキットからは青基板も付属していますので、準備する物は以下の物になります。

1:Raspberry Pi 3 Model A+

RaspberryPi3 Model A+ (ラズベリーパイスリーモデルエープラス): マイコン関連 秋月電子通商-電子部品・ネット通販
電子部品,通販,販売,半導体,IC,マイコン,電子工作RaspberryPi3 Model A+ (ラズベリーパイスリーモデルエープラス)秋月電子通商 電子部品通信販売

2:microSDカード(4GB以上)

Bitly

3:miniUSBケーブル(ケースに内蔵する場合は必要ありません

Amazon.co.jp

4:でかカセットケース(MMC5カートリッジケースも利用できます

家電のケンちゃん(@kadenken) | 商品一覧

 

Raspberry Pi 3 Model A+に使用するSDカードイメージを作成します

こちらのサイトから PiPU-v0.1.zip をダウンロードします。

GitHub - rasteri/PiPU: Project to use a Raspberry Pi as a NES graphics accelerator
Project to use a Raspberry Pi as a NES graphics accelerator - GitHub - rasteri/PiPU: Project to use a Raspberry Pi as a NES graphics accelerator

 

下の方にスクロールするとダウンロードできるURLが記載されています。

ダウンロードした PiPU-v0.1.zip を解凍して、osフォルダに入ってる sdcard.img.gz がそれです。

sdcard.img.gz を解凍すると sdcard.img がSDカードイメージです。

SDカードイメージをSDカードへ書き込むために USBWriter を使います。

ダウンロードはこちらから…

USBWriter
Download USBWriter for free. USBWriter lets you write an image file to an USB drive on Windows. USBWriter is tiny Windows tool that lets you write an image file...

 

ダウンロードした USBWriter-1.3.zip を解凍して USBWriter.exe を実行します。

Source file で sdcard.img を選択、Target device でSDカードを選択して Write で書き込み開始です。

書き込みが終わったmicroSDカードをRaspberry Pi 3 Model A+に挿してまずは完了です。

※FC DOOM基板が動作しない&動作が不安定という方へ
Raspberry Pi 3 Model A+の個体差でそのままの設定では動かない場合があるようです。

microSDカード内の config.txt を開いて…

over_voltage=-3

over_voltage_min=-8 ←この数字を変更する

-8となっているので -7 , -6 と変更してみて動作が安定すれば大丈夫です。

※もし -8 で動作していても念のため変更しておいた方がいいと思います。

 

家電のケンちゃんで頒布している「でかカセットケース」に関して

現在頒布している「でかカセットケース」には隙間を補強するためのスペーサーが付属されています。

スペーサーが付属されていないケースに関しては隙間対策済みとなります。

 

互換シェルの方はネジ穴の画像の部分が純正シェルよりも高さが足りません。

その為に隙間が出来てしまいネジを締めすぎてしまうとネジ穴が破損する可能性があります。

付属のスペーサーを四隅のネジ穴に配置して使用してください。

 

 

※記事は頒布開始まで引き続き更新していく予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました