BAKUTEN工房 では『家電のケンちゃん』『BEEP ゲームグッズ通販』で 委託販売 を行っています

kazzo/tunaでPC-6001カートリッジを読み書きしてみた

PC-6001
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前にkazzoやROMライタで市販カートリッジを吸い出す変換基板を作成していました。

PC-6001カートリッジ吸い出し基板(Kazzo & ROMライタ用)
PC-6001のROMカートリッジを吸い出す方法が無かったので、カートリッジを分解せずに吸い出せるようにkazzo(ファミコン吸い出し機)やTL866CS(ROMライタ)で吸い出せる基板を作成しました。

 

今回は以前から作成したかった「P6フラッシュカートリッジ」と「kazzoで読み書きできる変換基板」を作ってみました。

P6で何か作成した際にカセットポンで簡単に動作確認できる環境ができればなぁと…

今回もえすびさんに色々とご協力していただき、kazzo/tunaでP6カートリッジを読み書きできる変換基板が完成しました。

 

 

加工等が必要ですがこちらのタイプのFC互換ケースに内蔵できるようになってます。

 

 

■「kazzo/tuna専用 P6toKazzo変換基板」は 家電のケンちゃん で委託販売中です。

売り切れの場合は「再入荷のお知らせを受け取る」の登録をよろしくお願いします!

kazzo/tuna専用 P6toKazzo変換基板【完成品】 | 同人ハード(キット),BAKUTEN工房 | | 家電のケンちゃん(@kadenken)
「家電のケンちゃん(@kadenken)」で取り扱う商品「kazzo/tuna専用 P6toKazzo変換基板【完成品】」の紹介・購入ページ

 

読み書きできるカートリッジは現在入手できるのも含めて…

1:「市販カートリッジ」読み込みのみ

※ROM/RAMカートリッジ(PC-6006)に挿したROM(未確認)

2:「P6フラッシュカートリッジ(16KB)」製作記事公開中

3:「戦士のカートリッジ/Clone/互換」書き込むには改造が必要

4:「ベルーガカートリッジ(戦士のカートリッジmk2)」

以上となりkazzo/tuna用のP6専用スクリプトを使用します。

 

 

Kazzo/tuna用 PC-6001カートリッジ専用スクリプト(3種類)

P6toKazzoTool_Rev00

展開後 anago_wx.exe と同じところに保存してください。

1:PC6001_16KB.af ← 市販カートリッジやP6フラッシュカートリッジ(16KB)専用です。

2:PC6001_Mega.af ← 戦士のカートリッジ/Clone/互換専用です。

3:PC6001_Megamk2.af ← 戦士のカートリッジmk2専用です。

P6Toolフォルダ内はNESファイルを作成したり、NESヘッダを削除するためのバッチファイルです。

変換したいファイルを各バッチファイルにドラック&ドロップしてください

1:NESrom_16K.bat ← 16KBまでのROMイメージを .nes ファイルに変換します。

2:NESrom_Mega.bat ← 128KB(メガロム)のROMイメージを .nes ファイルに変換します。

3:NEShed_DEL.bat ← NESファイルからNESヘッダを削除して .rom ファイルを作成します。

4:mk2_BELUGA.bat ← 戦士のカートリッジmk2(ベルーガカートリッジ)から吸い出したNESROMイメージからBELUGAのROM(128KB)を取り出します。

 

吸い出した後のファイル名は拡張子が .nes となりNESヘッダが追加されていますのでヘッダを削除して .bin.rom などに拡張子を変更してください。

kazzo/tuna等で書き込む際には ROMイメージを .nes ファイルに変換する必要がありますので .nes ファイルは書き込み用に保存しておくといいかと思います。

吸い出した .nes ファイルをバイナリエディタなどで開くと先頭 0x00~0x0F がNESヘッダです。

この部分を削除して保存してください。

吸い出したROMイメージはエミュレータやSD6031WIF、NANOCART、戦士のカートリッジClone、戦士のカートリッジmk2、フラッシュカートリッジ等を利用してROMイメージを書き込んで実機で動作確認してみてください。

 

P6フラッシュカートリッジ(16KB)の製作記事はこちら
PC-6001フラッシュカートリッジ(16KB)をつくってみた
戦士のカートリッジや戦士のカートリッジmk2のカートリッジで読み書きできるようになったので、市販カートリッジの最大容量でもある16KBのフラッシュカートリッジも作ってみました。

 

戦士のカートリッジmk2に関してはこちら
戦士のカートリッジmkII 技術資料

戦士のカートリッジmk2の場合は4MbitのFlashROM全領域の読み書きが出来ます。

注意しないといけないのは書き込みの際はFlashROMの全領域が削除されますので、書き込み前に必ずバックアップ(dump)を行っておいてください。

書き込み時には基板上の JP1 をショートする必要があります(スイッチを取り付けると便利です)

動作確認としてベルーガカートリッジ(戦士のカートリッジmk2)を使います。

 

使用するスクリプトは PC6001_Megamk2.af です。

まずは消えたら大変なのでFlashROMの4Mbit分をkazzo/tunaでdumpします。

何度かdumpを試していただきCRCが変化せず、すべて同じであれば大丈夫だと思います。

dumpした .nes ファイルを mk2_BELUGA.bat にドラック&ドロップすれば BELUGA のROMイメージだけ抜き出すことが出来ます。

 

dumpしたファイルをエミュで確認&保存したら、安心して書き込みを試してみましょう。

例としてTINY野郎さんの「なんでもメガROM」に入ってるYS2&3OP/EDデモをprogram(書き込み)します。

なんでもメガROM ~PC-6001用テープイメージをROM化するツール~

メガROMに対応しているROMイメージやPC-6001/6601シリーズで動作するROMイメージであれば、戦士のカートリッジmk2でほぼ動作すると思いますので色々と試してみてください。

実機で動作確認…問題なしです。

 

内藤さんの「夢の島 Final」も実機で動作確認できました…

 

 

戦士のカートリッジ/Clone/互換カートリッジに書き込むには基板の改造が必要です

※改造したとしてもFlashROMが対応していない場合もあります。

書き込めないのはFlashROMにWR信号が配線されていないためです。

改造方法は…

FlashROMの31ピン(/WE)にVCCがつながっていますので全てパターンカットします。

ICソケットなどがあれば取り外して、カット忘れが無いか両面のパターンを確認しましょう。

テスターなどでVCCと繋がっていないかしっかりと確認します。

カットできたらエッジコネクタ13ピン(WR)とFlashROMの31ピンをつなぎます。

あとはFlashROMも SST39SF040 から MX29F040/AM29F040等に変更する必要があります。

 

現在頒布中の「戦士のカートリッジClone」も改造すれば書き込み可能ですが、書き込み時にFlashROMの内容が全て削除されるためkazzo/tunaでバンクごとにROMイメージを書き込む作業が必要です。

使用するスクリプトは PC6001_Mega.af です。

メガROMに対応しているROMイメージやPC-6001/6601シリーズで動作するROMイメージで、戦士のカートリッジmk2専用のROMイメージで無ければほぼ動作すると思いますので色々と試してみてください。

ちょっとした実機での動作確認で利用する際はkazzo/tunaを使用すると便利です。

PC-6001/6601シリーズ用 戦士のカートリッジClone【頒布版】
今回は半導体不足とかPLCCのフラッシュロムなどが入手困難になりましたので基板を作り直し。 バンク切り替えをローターリースイッチに変更してゲームの切替も容易にしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました